韓国旅行、ハワイ旅行などツアーの手配はユニオンエアーサービスの「ユニパック」 ハワイの自社コンドミニアム「ワイキキパークハイツ」も予約受付中。

  • お問い合せ
  • HOME
  • 韓国
  • ハワイ
  • 海外ツアー
  • 航空券
  • ワイキキ パークハイツ
  • twitter
  • Facebook
  • Instagram
南北およそ640kmにわたり200以上の島々が点在し、人が住む9島以外の無人島には、手つかずの自然がいっぱい。
2012年6月に世界自然遺産に登録された「ロックアイランド」は、火山島と隆起サンゴによる石灰岩島を含み、隆起サンゴの島々は長年の浸食によりマッシュルーム型の不思議な自然の景観を造りだしています。
また、パラオは世界有数のダイビングスポットがある事で知られています。
基本情報
国旗 正式国名 パラオ共和国 面積 458k㎡
首都 マルキョク 公用語 パラオ語、英語
人口 約2万人 通貨 USドル
民族 パラオ人、フィリピン人 時差 日本との時差なし
大韓航空で行く、「パラオ」
パラオの中心都市は、コロール島にあるコロール。
コロール郊外にはパラオの空の玄関、パラオ国際空港があり、毎週2便がソウル仁川空港より就航しています。
▼ フライトスケジュール
・往路フライトスケジュール
日本各空港から大韓航空にてソウル(仁川空港)へ
↓ 乗り継ぎ
区間 便名 運行日 出発時間 到着時間 飛行時間
ソウル → パラオ KE677 木・日 20:45 01:45+1 約5.0時間

・復路フライトスケジュール
区間 便名 運行日 出発時間 到着時間 飛行時間
パラオ → ソウル KE678 月・金 03:00 08:15 約5.2時間
↓ 乗り継ぎ
ソウル(仁川空港)から大韓航空にて日本各空港へ
▼ 使用機材 (ソウル⇔パラオの機材)
使用機材はボーイング737-800。短・中距離路線向けに7000機以上も作られた機種です。 機内の座席配列は3-3で、狭さを感じることがあるかもしれません。

ボーイング737-800
座席数 : 138席 (プレステージクラス12席、エコノミークラス126席)
最大航続距離 : 5,167km
巡航速度 : 836km
▼ 韓国での乗継、ココがポイント!
出発地で最終目的地までのチェックインが完了します!
荷物は最終目的地でピックアップ、搭乗券も最終目的地まで!韓国では楽々乗継♪
乗継も簡単!
大きな仁川空港も、日本語の案内表示に従って行けば乗継便まで楽に到着♪乗継時間が長い場合は、充実の免税店などでお買い物もできます。
ゆったりとした現地最終日
シェムリアップでの最終日は、飛行機の出発時刻が遅いため、一日ゆっくりとご滞在をお楽しみ頂けます。
▼ ソウル立ち寄りアレンジ可!
東京、名古屋、札幌からのコースは、日本⇔韓国の便をご変更頂くことで、ソウルでの半日観光やランチもお楽しみ頂けます。空席がある場合に限り、追加料金無しでアレンジを承ります。
また、ソウルでのトランジットツアー(別料金)もご用意しています。カンボジアに行ったついでにソウルにも立ち寄ってしまえば、まさに一度の旅行で2度オイシイ♪往復ともソウルへ 立ち寄るお客様もいらっしゃいます!
トランジットツアー例 (別料金)
ソウル(仁川空港)着後、市内観光※1 → 昼食※2 → 食品店 → 空港まで送迎
※1 市内観光 : 景福宮、民族博物館、仁寺洞散策
※2 昼食 : 石焼ビビンパ
ロックアイランド
ロックアイランドとは、コロール島とペリリュー島の間にある400あまりの島々の総称です。環礁に囲まれた青く静かな海に浮かぶ、緑深いキノコ状の島々が織りなす景色が特徴的で、周辺の海は世界中のダイバーの憧れとなっています。

古代の珊瑚礁が隆起してできたロックアイランドの島々は、珊瑚由来の石灰質を多く含み、長年に渡り浸食された石灰質の泥が沈殿してできたミルキーウェイは、パラオを初めて訪れる方が必ずと言って良いほど訪れる場所です。
また、隆起の際に外海から切り離された湖では、天敵の少なさから毒を持つ必要の無くなったクラゲが繁栄を謳歌するなど、ロックアイランドの成り立ちに由来する世界的にも珍しい固有種が多く見られることも特徴です。
ロックアイランドの手つかずの自然を楽しむことがパラオの一番の魅力であり、ダイビングをしない方にも十分お楽しみ頂ける事でしょう。

☆世界遺産
手つかずの自然溢れるパラオですが、ストーンモノリスをはじめとした人類の営みを示す遺跡も点在し、一説には約4000年も昔より人が住んでいたと言われています。
ロックアイランドは2012年7月に「南ラグーンのロックアイランド」として世界遺産に指定されましたが、それは自然と文化の複合遺産という世界でも珍しいものです。

☆ミルキーウェイ
ロックアイランドのとある入江では、石灰質の島が長い年月をかけて浸食され、白い泥となって海底に沈殿しています。そのため海の色は乳白色となり、周囲の静かな環境と相まって不思議な雰囲気を醸し出しています。
その色合いからこの入江は、ミルキーウェイと呼ばれており、その独特な景観を見るだけでも十分に価値があるものです。静かな入江でしんみりとするのも良いですが、せっかくなのでここでは「泥パック」を楽しみましょう。海底に沈殿する白い泥には、美白と保湿の効果があるとされ、日本でも化粧品として販売されています。女性にはぜひ訪れて頂きたいミルキーウェイですが、楽しみは男女関係無し!大自然の中で、「取れたて」の泥をお互いに塗りたくれば、きっと童心に戻ることができるでしょう。

☆ジェリーフィッシュレイク
海底にあった古代の珊瑚礁が隆起した際に、外海から切り離された湖では、天敵の少なさから毒を持つ必要の無くなったクラゲが繁栄を謳歌しています。その名も「ジェリーフィッシュレイク」。
無毒のクラゲは世界的にもたいへん珍しく、おびただしい数のクラゲに囲まれて、時には触れ合いながらのシュノーケリングは、幻想的で貴重な体験となるでしょう。

☆ロングビーチ
ロングビーチは、潮の干満により自然が作り出す砂州(細長い砂浜)です。
潮が引くと、海上には細長い砂の道が現れ、素晴らしい景観をお楽しみ頂けます。その目の覚めるような光景は、CM撮影にも使われたことがあります。
ただし、自然は時として気まぐれで、干満の具合によっては砂浜が現れないもしくは、広大な幅で現れる場合もあります。
※2012年末の台風の影響により、形状が変わっております。
ガラツマオの滝
ガラツマオの滝は、パラオ最大のバベルダオブ島にある、パラオ最大の滝です。

落差は20メートルを超え、豊富な水量はパラオの降水量の多さの証。滝行をするにはちょっときついかもしれませんが、滝つぼにも入ることができ、子供になった気分で遊びましょう。
滝に至るまでの道中はジャングルの中を歩くトレッキングです。川を渡り、沢を下り…自然の豊かさをお楽しみください。
海ばかりに目が行きがちなパラオで、森からのマイナスイオンを感じることのできる場所です。
ホテル情報
▼ パラオ パシフィック リゾート  ― Palau Pacific Resort ―
アラカベサン島にある高級リゾート。
お部屋は南国風の三角屋根のコテージタイプで、内装は南の島ならではのインテリアで飾られ、南国気分を盛り上げてくれます。
創業 / 改築年: 創業1984年 / 改築2007年
客室数: 160室
公式サイト : http://www.palauppr.com/default-ja.html
このホテルに宿泊するツアーを、ご希望の出発地よりお選びください。
▼ パラオ ロイヤル リゾート  ― Palau Royal Resort ―
2005年オープンでマラカル島にあるニッコーホテル系列の大型リゾートホテル。
すべてのお部屋がバルコニー付きのオーシャンビューで、小さいながらも白砂のプライベートビーチがあります。
創業 / 改築年: 創業2005年
客室数: 158室
公式サイト : http://www.palau-royal-resort.com/index.html
このホテルに宿泊するツアーを、ご希望の出発地よりお選びください。
▼ アイライ ウォーター パラダイス ホテル&スパ  ― Airai Water Paradise HotelL & Spa ―
空港から近くコロール中心部から離れた、自然豊かで静かな環境にあります。
パラオ唯一のウォーターパークが併設されており、お子様に喜ばれることでしょう。
創業 / 改築年: 創業1990年
客室数: 65室
公式サイト : http://www.airaiwaterparadise.com
このホテルに宿泊するツアーを、ご希望の出発地よりお選びください。
▼ ウェストプラザホテルズ  ― West Plaza Hotels ―
【BY THE SEA】 Tドックと呼ばれるふ頭手前にあり、海に面し、静かな場所。
【DOWN TOWN】 コロールの中心地に立地し、お食事、お買い物、散策に便利。
【DESEKEL】 コロールの中心に立地。ショッピングモールなど徒歩圏内。
【MALAKAL】 コロール島隣のマラカル島に立地し、最も新しい。

公式サイト : http://www.wphpalau.com/jp/rooms.html
このホテルに宿泊するツアーを、ご希望の出発地よりお選びください。
▼ DWモーテル  ― DW Motel ―
コロール中心部から少し離れたところにある格安ホテル☆
リノベーションも行われ清潔感もあり、長期滞在の欧米人やダイバーに人気です。
創業 / 改築年: 改築2013年
客室数: 20室
公式サイト : http://dwmotelpalau.com/
このホテルに宿泊するツアーを、ご希望の出発地よりお選びください。
お役立ち情報
▼ 気候・ベストシーズン
パラオは海洋熱帯気候に属しており、年間を通して高温多湿な気候です。
平均気温はほぼ28℃前後で一定し、日本のような明確な四季はありません。
6~10月頃が雨季、11~5月頃が乾季とされていますが、スコールなどで年間を通して雨が多く、年間降水量は4000mm近く(東京は約1500mm)に達し、乾季でも月平均200m程度の降水量があります。台風の直撃はほとんどありません。
※2012年12月に20年ぶり以上に台風が直撃しました。
▼ 通貨
パラオでは米ドルが流通しています。
銀行や一部ホテルのフロントで両替が可能ですが、レートはあまり良くありません。
日本で両替をしていく方が良いでしょう。
▼ ビザ
パラオご入国時に、パスポートの残存期間6カ月+滞在日数以上と未使用の査証欄が1ページ以上必要です。
観光目的の場合30日以内の滞在であればビザ(査証)は不要です。
▼ 電圧、プラグ
日本の電気製品はそのまま使用できますが、長時間使用の場合は変圧器をご使用ください。
電圧
110ボルト・60ヘルツ
プラグ形状
Aタイプ。
▼ 水、シャワー
パラオパシフィックリゾートを除き、生水・水道水は飲用に適しません。
ミネラルウォーターの利用をおすすめします。
▼ 注意事項
☆出国税
パラオをご出国の際、空港にて一名様あたり$50(出国税$30、グリーン税$20)のお支払いが現金にて必要となります。
※出国税とグリーン税は、急遽改定となる場合があります。
☆外出禁止令
パラオには外出禁止令があります。
コロール州において18歳未満の未成年は、21歳以上の同行者がいる場合を除き、22:00~6:00まで外出が禁止されています。
※在パラオ日本国大使館の情報(平成25年1月1日)
☆インターネット事情
インターネットカフェや、一部ホテルでのご利用が可能です。
2時間で5米ドル程度のWi-Fi用プリペイドカードも販売されています。しかし、回線状況はあまり良いものではありません。動画の再生はまず不可能。島内で利用が集中する時間帯はメールの受信にも苦労し、しばしば繋がらなくなることもあります。
☆日除け
パラオの紫外線量は、日本の7~8倍と言われています。
日焼け止め、帽子、サングラスなど、しっかりと日差し対策をしてください。
▼ 荷物
韓国でのお乗継時間が24時間以内の場合は、チェックイン時にお預けになったお荷物は最終目的地までお預け頂けます。仁川空港では、機内持ち込みのお荷物のみでラクラク乗継♪。

ソウルにお立ち寄りの方は、液体物のお取り扱いにご注意ください。
ソウルでは、お荷物の追加預入ができません。市内でお化粧品等の液体物をご購入されると、仁川空港での保安検査にて没収されてしまいます!お化粧品等の液体物は、保安検査後に空港内の免税店などでご購入ください。
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
ご利用可能カード
株式会社ユニオンエアーサービス

<東京本社>
・ハワイデスク TEL: 03-3498-7280
・韓国デスク  TEL: 03-3498-7446
・ツアーデスク TEL: 03-3498-7280
<大阪支店>
TEL: 06-6271-0043
<福岡支店>
TEL: 092-474-8515

営業時間 ※日曜 ・ 祝日 休み
平日 (9:30-18:00)
土曜 (9:30-15:30)

Copyright (C) i.Union Air Service Corp. All rights reserved.